教室所在地

高岡教室(大野)

 高岡市大野667 →地図
 曜日、時間などについては、電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。
 Tel.0766-25-5367 

高岡教室(中島)

 高岡市中島町1-11(納原様宅) →地図
 曜日、時間などについては、電話またはメールでお気軽にお問い合わせください。
 Tel.0766-22-8818

高岡教室(かたかご幼稚園内)

 高岡市伏木古国府16-15 →地図 
 かたかご幼稚園の園児たちに教えています。
 Tel.0766-44-0200
 
楽器に関して、あるいはレッスンの費用などについても、お気軽にお問い合わせください。

ニュース

県民ふれあい公演に出演します!

日時:2018年10月6日(土13:30開演
場所:富山県立ふるさと支援学校 →map

  富山県立ふるさと支援学校にて、とやまレディスオー ケストラOASISの一員として演奏します。

 先月もレディスオーケストラで演奏しましたが、今回は曲数も多く、またフルートの憧れの曲ともいえる「アルルの女」第2組曲より「 メヌエット」も演奏します。オーケストラに合わせて演奏するので楽しみでもあり緊張もしますが、多くの子どもたちにフルートの音色を伝えられたらと思います。
 
 
 


0〜3歳児コース2018秋冬コースの無料体験説明会を開催しました!

日時:①2018年9月6日(木)10:00〜
   ②2018年9月20日(木)10:00〜
場所:吉本レディスクリニック内「アネックスホール」(富山市)→MAP

  スズキ・メソード0〜3歳児コース2018秋冬コースの無料体験説明会が、9月6日と20日の10時より富山市にある吉本レディスクリニック内「アネックスホール」にて行なわれます。お子様と一緒に実際のプログラムを体験していただけます。最も感覚が鋭敏な0〜3歳の時期にスズキ・メソード0〜3歳児コースを通して、お子様の才能の芽を育てる子育てをしませんか。経験豊かなスズキ・メソードの指導者が、そのお手伝いをします。

 
 無料体験説明会のお申込みは、フリーダイヤル0120-556-414まで。お申込み、お待ちしております。 
 
 


二胡のコンサートに富山シティフィルハーモニー管弦楽団の一員として出演しました!

来日15周年記念 張鶴 二胡コンサートIN富山
日時:2018年8月25日(土 14:00開演
場所:富山県民会館
入場料:3,000円
 「 来日15周年記念 張鶴二胡コンサート」に富山シティフィルハーモニー管弦楽団の一員 として共演しました。二胡と一緒に演奏するのも、二胡のために作られた曲を演奏す るのも初めてでした。

 普段、演奏するクラシックやポピュラーの曲とはまた違った哀愁漂う二胡の曲と音色に惹きつけられました。フルートソロのある曲やピッコロ2本で演奏するように指示された曲もあったり、二胡独特の演奏技術によって馬の鳴き声を真似た響きを出す曲などもあり、大変、盛り上がりました。二胡との共演は滅多にできないので、とても貴重な経験となりました。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

摺出寺クラスの発表会を開催しました!

日時:2018年7月22日(日14:00開演
場所:ウイング・ウイング高岡4F生涯学習センターホール

  今回、使用したピアノはスタインウェイでした。数ヵ月前まで別のホールにあったピ アノなのですが、とある事情で使うことができることになりました。事前に調律もお 願いしたかいもあって、ホールの隅々まで、よく響いていました。生徒さんもスタイ ンウェイのピアノに合わせて、気持ちよく 演奏することができたと思います。
  
発表会の最初は幼稚園の生徒さんから始まるのですが、だんだんと回を重ね、 上級生ともなると演奏する曲も大曲になってきます。しかも、ブラベー作曲のソナタから4曲演奏したいと自分で志願する生徒さんや、チマローザ作曲の2本のフルートのための協奏曲から第2,3楽章を演奏する生徒さんもいました。今回、2ndパートは私が担当したのですが、久しぶりに暗譜で演奏したので内心ハラハラしながら(もちろん1stとのバランスを取りながら)演奏しました。生徒さんにとって(私にとっても)いい経験になりました。今年も生徒さんの成長を感じることができて嬉しく思いました。


ギャルリ・ミレーでのコンサートに出演しました!

日時:2018年7月14日(土10:30開演
場所:美術館ギャルリ・ミレー

  アンサンブル・ポワールのメンバーとともにギャルリ・ミレーで演奏してきました。ま ず最初は美術館のオープニングにふさわしくムソルグスキー作曲の「展覧会の絵」か らプロムナードを演奏しました。5人ながらも複雑な和音の響きで雰囲気を出すように心がけました。

 ガーシュウィン 作曲の「パリのアメリカ人」では車のクラクションをホルンが担当したり、ドタバタ した賑わいや哀愁漂うメロディを各楽器で引き継いで演奏するなど本来の曲を凝縮し たアレンジで、とても楽しく演奏できまし た。

 
 今回の演奏会の中で最も大変だったのは、 ラヴェル作曲の「マ・メール・ロワ」 でした。ピッコロの持ち替えが頻繁にある曲があり、以前、別の曲で持ち替えが大変で楽器を落とした経験があるので、ヒヤヒヤしながら演奏しました。今回は何事もなく無事に演奏できました。
 
 ナレーションは美術館の方に担当していただいたのですが、声の抑揚をしっかりと変えるなど工夫されており、とても素敵な雰囲気を演出してくださいました。今回の演奏会に向けて練習回数は限られていましたが、オーケストラの名曲などを木管5重奏で演奏することができて、充実した経験となりました。


富山シティフィルハーモニー管弦楽団 第45回定期演奏会に出演しました!

日時:2018年6月30日(土18:30開演
場所:オーバードホール  

  今回、私が演奏した「こうもり」序曲では前半に時報を告げる鐘の鳴る部分があり、フルートも同じように音を重ねるように演奏するのですが、音量のバランスや音程も合わせづらく、練習では、いろいろ試しながら合わせていました。

 本番では指揮者の米崎先生の指示に従いながら、バランス良く演奏できたのではと思います。「ハイドンの主題による変奏曲」はプロのオーケストラでも敬遠するような難しい曲とのことでしたが、指揮者の先生による粘り強いご指導のお陰で何とか無事に演奏することができました。

 フルートのメロディが目立つ部分が幾つもありましたが、他の楽器ともバランスを取りながら演奏することを心がけて、一つひとつの変奏の雰囲気を出したいと思いながら演奏しました。なかなかできない経験をさせていただくことができて嬉しく思いました。


フルートアンサンブル奏のメンバーと一緒に演奏しました!

日時:2018年5月6日(日)
場所:庄川美術館 企画展示室  
 5月6日(日)10時より、庄川美術館にてフルートアンサンブル奏の メンバーとともに演奏しました。
 
 今回は全員での演奏とトリオでの演奏も加えてみました。「いつも何度でも」「ハナミズキ」「星に願いを」などクラシックの曲や映画音楽、ポップスなどを演奏しましたが、お客様から手拍子をいただいたり、歌を口ずさんでいただいたりもしました。楽しんでいただけたようで、とても嬉しく思います。
 
 演奏している後ろには素敵な絵が飾られていましたが、本番中は後ろを見る余裕が、まったくありませんでした(写真を見て、ようやく気づきました)。

 

Concert2018  ‘音にいのちを‘

日時:2018年4月29日(日・祝)
場所:ウイングウイング高岡生涯学習センター4階ホール  


 
  スズキ・メソード高岡支部の子どもたちによる演奏会が4月29日にウイングウイング高岡生涯学 習センター4階ホールにて行なわれました。年に一度の発表会です。みんな、それぞ れの曲を今までがんばって練習してきました。

 
 初出演の生徒さんは緊張しながらも一生懸命な演奏が音からも伝わってきました。ベテランの生徒さんともなると、ステージに立つまでは緊張するとのことですが、演奏が始まると全然緊張しなかったそうです。そんな話を聞くのにも生徒さんの成長が感じられました。また今回は今までで初めての試みとしてフルート科だけの生徒さんによる演奏もありました。グランドコンサートでも演奏された「メリーさんの羊変奏曲」をみんなで演奏したのですが、ホール全体にフルートの音色がよく響いていました。今年もみんなの成長がしっかりと感じられる発表会となりました。


春の「第九演奏会」に出演しました!

日時:2018年4月22日(日)
場所:黒部市国際文化センターコラーレ(カーターホール)  
 今回で私が第九を演奏するのは5回目くらいだと思うのですが、とても難しくスタミナも必要な曲なので、しっかりと準備して本番を迎えたいと思います。この時期の第九は、なかなか聴くことができないと思いますので、ご都合よろしければ、ぜひお越しください!
 
 「第13回 名水の里 第九コンサート」に富山シティフィルハーモニー管弦楽団の一員として出演しました。今回はブラームス作曲の「ドイツ・レクイエム」も演奏しました(県内初演とのことです。私は第九の出演でしたが)。
 
 プログラムを見て確認したら、やっぱり5回目の演奏でした。ですが何回演奏しても難しいです。毎回、指揮者の横島先生は、いろいろな解釈で指揮をされるのですが、今回は余韻をしっかりと感じられる演奏スタイルを取っていらっしゃるように思いました。新たなメロディに入る前の静寂が今までの中では一番長かったように思いました。ソリストのバランスも絶妙でした。終わった後のブラボーの迫力も凄かったです。演奏を終えた時、オーケストラの一員として何度も第九を演奏できる機会に恵まれて、とても充実した演奏活動を行なえていることに感謝の気持ちで一杯でした。


 


ニュース アーカイブ

プロフィール Sudeji Keiko

富山県立高岡南高校卒業。昭和音楽大学音楽学部器楽学科フルート専攻卒業。国際スズキ・メソード音楽院卒業。現在、北陸越地区唯一のスズキ・メソード フルート科指導者としてきめ細やかな指導を行なっています。また、スズキ・メソード0~3歳児コース富山教室にて、教室長も務めています。

これまでに、フルートを髙橋利夫、金森智子、黒田隆、藤井ひろみ、吉田春代の各氏に、室内楽を故宇野浩二氏に、オーケストラスタディを岡本えり子氏に師事。 
高岡市美術館、ウィング・ウィング高岡の完成記念コンサート、富山県オペラ協会オペラ公演「フィガロの結婚」「魔笛」などに出演。ソロ活動の他にも室内楽、富山シティフィルハーモニーでのオーケストラ活動などを通じて、地域に根ざした演奏活動を積極的に行なっています。 
フルートアンサンブル「奏」、フルートアンサンブルjoujou主宰。TOYAMAフルートアンサンブル所属。富山シティフィルハーモニー管弦楽団所属。また、スズキ・メソード指導者(ヴァイオリン納原久顕、ピアノ發田なぎさ)で結成されたアンサンブルCarillon(カリオン) のメンバーでもあり、富山シティフィルハーモニー管弦楽団の木管パートのメンバーと木管アンサンブル・ポワールを結成して活動も行なっています。
使用楽器は、ブランネン14KRH。

→スズキ・メソード0〜3歳児コース富山教室

レッスン

レッスンは、マンツーマンの個人レッスンです。月4回のレッスンを基本にしています。祝日の時は、振替レッスンも行なっています。コンサートや夏期学校などのイベントもあります。コンサートやイベントに参加することにより、一層、フルートの楽しさが広がります。
スズキ・メソード フルート科の指導曲集を使って、誰でも知っている「メリーさんの羊」から始まり、フルートの名曲を数多く学びながら、基礎をしっかり身につけ、美しい音を育てていきます。たくさんの美しい曲や優れた演奏を聴くことにより、自然にクラシック音楽や楽器に親しみ、美しく優しいフルートの音色から豊かな感性が育まれる環境を作っていきます。

大切にしていること

スズキ・メソードでは、親子で一緒に学ぶことを基本にしています。フルートの経験がなくても、大丈夫です。一緒に音楽に親しむことから始めて、教室に通い、レッスンで学んだことを家庭で繰り返すことで、お子さんの能力が定着し、さらに向上心、集中力、忍耐力など、これから身に付けたい大事な力も育てていきます。

あなたへのメッセージ

親しみやすい曲や、憧れの曲などが入るスズキ・メソードの指導曲集を使ったレッスンは、大人の方にも学びやすく、すべてCD付きで、イメージが広がりやすいとの感想もいただいています。楽譜を読むのが苦手という方も、無理なくレッスンを受けていらっしゃいます。憧れていたフルートの音色を奏でることができるようになったとのお喜びの声もいただいています。

ご入会について

幼稚園生・保育園生から大人の方まで、未経験から経験のある方、どなたでもご入会いただけます。楽器をお持ちでない方には、楽器をレンタルすることも可能ですので、すぐにレッスンを始めることができます。
お子さまには、下記の3種類の中から、体の成長に合わせた楽器を使います。
幼児用U字管フルート  幼児~小学3年生ごろ
子ども用U字管フルート 小学3年生~5年生ごろ
フルート         小学5年生ごろ~大人
 
・授業料   月7,000円~(月4回 30~40分のレッスン) 
・支部運営費 月2,500円 
・本部会員費 月1,600円 
・入会金   10,000円  
・スズキ・メソード本部会員入会金:5,000円 
・支部入会金:5,000円 
 ☆公益社団法人才能教育研究会(スズキ・メソード)に会員登録が必要です。 高校生以上、大人の方は、月2回、月3回のレッスンコースもあります。どうぞご相談ください。

お問い合わせ

楽器に関して、あるいはレッスンの費用などについても、お気軽にお問い合わせください。
 
 0766-25-5367